あのサンライズ出雲にようやく乗れました(少し前だけど)

日々日々コロナウィルスの蔓延が進んでおります。

ここ数日の患者数の増加は第三波ともいわれだしており心配な限りです。

Go To トラベルといわれても、なかなか地方に旅行に行くのも勇気がいりますね。

私はANAのマイルをためていることもあり、トクたびマイルを常々チェックしています。

元々お得な特典航空券ですが、トクたびマイルだとそこからもう1声・2声お得になります。

たとえば、この週末ですと東京(羽田)~札幌(千歳)が往復で9000マイルで行けてしまったりするので、密かに狙っていたりしたのですが、東京がこの状態で札幌があの状態ですから、おとなしく何もしないことに。「秋の我慢の3連休」とすることといたしました。

と、くらい話題ばかり書いてしまってはいけないと思い、ちょっと前の旅行のお話を。

今年の3月。緊急事態宣言の少し前のタイミングで、ふと調べてみると、あのサンライズ出雲が普通に予約できるタイミングがあったのです。もちろん、ケアが必要なタイミングでもあり、どうしようかとも思いましたが、細心の注意を払って、これをチャンスとばかりサンライズで出雲大社にお参りにいくことに決めました。

もう、東京駅で待っている時からワクワクがとまりません。

取れたお部屋はなんと、一番人気(と言われている)A寝台のシングルDX(個室)。

このお部屋です。個室の中に、ライティングデスクまであったりして、完全にホテル感覚。

A寝台ですとアメニティもそろっていて、着替え含め色々と充実しています。手ぶらで乗ってもも困りません。さらにシャワーカードまでついてきます。

少し社内を探検してみます。

色々なタイプのお部屋がありますね。

次に乗る機会があればノビノビ座席にも挑戦してみたいところ。この座席は、寝台料金が取られないので、かなりお得に乗れるんですよ。カーペット敷きの大部屋ながら隣の人との間に間仕切りもあり、一応のプライベート空間は用意されています。

さて、シャワーに向かいましょう。A寝台は料金の中でシャワー券が付いています。それ以外の方は、数量限定で自販機コーナーでシャワー券を買うことができます。

中には更衣室があり、ドライヤーまでついています。シャワーは割と長めでして、時間があまるほどでした。

サンライズは東京~岡山を、14両で走ります。岡山駅では前7両が高松行き、後ろ7両が出雲市行きに分離されます。連結部を車内外から見るとこんな感じ。

この部分を早朝の岡山駅で切り離します。乗客の皆さんが結構降りてきてそのシーンを見届けていますでの、割とにぎやかなイベントとなります。

岡山を過ぎると、山の中へ。そしていつしか山陰地方。
車窓に宍道湖が見えてくるとゴールは間もなくです。

出雲市駅に到着しました。

正直なところ長旅だったのですが、とても楽しくずっとウキウキしたままでした。
もっともっと乗っていたかったです。

そして、出雲大社へ。良い旅でした。