ミッドタウンが一番オトク LINE Payによる決済で50%分のLINEポイント還元! VISIT MINATO 応援キャンペーン

LINEペイでは東京都港区でのショッピングがお得になるVISIT MINATO応援キャンペーンを開催しています。港区内の対象店舗において「LINE Payコード支払い」で決済すると購入金額の50%がLINEポイントで還元されるというなかなかお得なキャンペーンなのです。

ですが、先日このキャンペーンが2021年4月25日に終了になると発表されました。

この記事を投稿した時点よりあと10日程で終了となってしまうのです。

まだこのキャンペーンを利用されていない方が、今から参加して50%還元のLINEポイントを欲しいと思ったら、「東京ミッドタウン」でショッピングされるのがおそらく一番満足度が高いことでしょう。

なお、今回のキャンペーンの50%還元ですが、還元額の上限が5000円。よって総額1万円の購入までが対象となります。支払い時にLINEペイでQRコード決済したもののみ対象です。

還元でもらえるLINEポイントは決済日の翌日に付与されるので、すぐ使うこともできます。

特に注意が必要なのは、「事前にチャージして」「QRコード払い」ででないとダメな点です。同じQRコード払いでもクレジットカードから引き落とされる「チャージ&ペイ」ではポイントがもらえません。ラインウォレットからのコード払いです。

事前にチャージするためには、予めLINEペイに紐付けておいた銀行口座から入金するか、セブン銀行ATMやファミリーマートのFamiポートから入金ができます。いずれにせよ、事前に利用しようと思う額をLINEにチャージしておくことを忘れないでください。

コード払いについてはこちらのオフィシャルブログを参考にしてください。

LINEペイ公式ブログ

話をミッドタウンに戻しましょう。
私がミッドタウンをお勧めする理由は使えるお店の多さです。

ほんの一例のみ記載します。

  • ユニクロ
  • 無印良品
  • DEAN & DELUCA および DEAN & DELUCA Cafe
  • Toshi Yoroizuka
  • 茅乃舎
  • 中川政七商店街
  • 日本橋 木屋
  • Aēsop

ミッドタウンの全ての対象店舗一覧は公式サイトからご確認ください。

https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/5319/   

東京ミッドタウンのキャンペーン公式ページです。

VISIT MINATO 応援キャンペーン対象店には主にレジのあたりに、このような緑のPOPが出ています。

ユニクロや無印良品で日常使いの衣類や小物を買った後に、DEAN & DELUCAでランチを食べちょっと休憩。

茅乃舎や中川政七商店街でちょっといつもより良いお出汁や調味料を買ってから、Toshi Yoroizukaでお土産のスイーツを買って帰宅というプチ買い物ツアーができます。

なお、このPOPが出ていないからと言って、必ず対象になっていないということではないようです。私の確認ミスでなければ、ドラッグストアのトモズさんはPOPが出ていないのですが、「対応店です」とレジの方が言っておられました。念のため、確認してみても良いでしょう。

繰り返しになりますが、必ず「事前にチャージ」して「QRコード払い」で支払いをしてください。コード払いができているか自信がない場合は、まずは少額の決済でLINE Pay支払いを試してみるのも手です。LINE Payでは決済時に、この取引で何ポイント還元されたかが表示されます。VISIT MINATO応援キャンペーンが適用できて50%還元がもらえているか、その場で確認することができるのです。

ご家族でお買い物をされる方は、ユニクロや無印良品で夏物を買うだけでも1万円分になるかもしれません。それにより上限の5000円分のポイントバックを貰えてしまうのではないでしょうか。

もちろん、1人につき1万円までの対象なので二人でLINE Pay QRコード払いをすれば1人1万円ずつ…会計は別々にする必要がありますが2万円までキャンペーン対象とすることができます。

大物狙いの方は夏の帽子をHELEN KAMINSKI(ヘレンカミンスキー)で購入するのも良い選択肢だとおもいます。

ただ事前に帽子代3万円前後をウォレットに入金しておくことを考えると、私の場合は今回50%バックの対象とならない「チャージ&ペイ」でラインカードの3%還元狙いです。

それでも憧れのHELEN KAMINSKIの帽子、3万円分支払いをコード払いした場合は約2万5千円で購入することは可能です。

大物を1本釣りしたい方は検討しても良い選択肢ですね。

私事ですが、今年はHELEN KAMINSKIの2021春夏コレクションはPROVENCE 8のペオニーを買おうと思っています。

ヘレンカミンスキー公式サイトより https://www.helenkaminski.co.jp/products/list.php?category_id=144

ワンポイントの小さなリボンと、ペオニーが顔色を明るく見せてくれるので今年の推し色です。

田中みな実さんが愛用していると人気の「サンバリア」の帽子は紫外線を防ぐという点では非常に優秀です。私も何種類かサンバリアの帽子や日傘、アームカバー持っています。

しかしながらサンバリアは効果は素晴らしいと思いますが、デザインが実用的すぎるのがちょっと残念です。

おそらく今年の夏もマスクをすることになり、夏場の外出はかなり暑くて厳しいものになりそうです。

ハットはちょっと良いもので自分のテンションを上げないと外出できないなーと自分自身に言い訳をして、春のプチ贅沢としてHELEN KAMINSKIを狙ってます。


【千葉市緑区土気】静かな住宅街の絶品炭焼きイタリアン Bauletto864

所用にて、千葉市緑区の土気に行くことがありました。どこかでお食事をと思ってちょっと調べてみると、地元でなかなか評判の良いレストランがあるようです。

お店はBauletto864。こう書いてバウレット864と読むようです。

(アイキャッチ画像は、Baulletto864さんのFacebookよりお借りしました)

発端はGoogle Mapで土気近くのレストランを探してみたところ、口コミの評価が4.2ととても高くちょっと寄ってみようと思ったのです。

お店はなかなか可愛くかつオシャレな感じでした。上のイラストはおそらくこのお店をイラスト化したものですね。

そして、なによりもお料理がリーズナブルでおいしい。

サラダにスープにドリンクバー(600円)

こちら名物の牛炭焼き盛り合わせ(2864円)です。

これ、ものすごくお勧めです。さすが名物。

実際、土気周辺にはゴルフ場なども多く、また九十九里海岸も近いですね。事前に予約を入れておけば16時から入店可能だそうです。ゴルフや海水浴で土気・大網・白子・東金などお近くに来られた際は、行ってみてはいかがでしょうか。

高級理容室 Hair Salon ONO iki 日本橋本店に行ってきました。PayPay使うと2割引きでオトクですよ。

4月からの新年度を迎えつつも、相変わらずのコロナの自粛ムードもあって派手なことはできない今日この頃。まぁ、一部には歓送迎会や打ち上げやらをついついパーッとやってしまって、それでメディアの恰好のネタになっている方たちもおられるようですが・・・

ちょっと気分を変えたいと思って、自分へのご褒美。自分磨きにちょっと投資してみるのはいかがでしょうか?

とはいっても、自己啓発の類の話ではございません。普段、ちょっと躊躇するレベルの高級な理容室で、髪を切ってもらい、色々と整えてもらおうというお話です。

前置きが長くなりましたが、そんなことを思いつつ、中央区日本橋の三越前にあるHair Salon ONO iki 日本橋本店にて自分磨き体験をしてきました。

大野グループは東京に7店舗、大阪に4店舗、ベトナムに1店舗を構えており、東京では都ホテルやニューオータニ、大阪ではヒルトンや帝国ホテルの中に店舗をもつ高級志向の理容室です。

参考までにはお値段はこんな感じ。カット・シャンプーのコースで税込4,400円。ここにシェービングなどのオプションが入ると、税込み6,600円、税込8,800円となります。

せっかくですので、こちらの最上位のコースで寛ぐことにしましょう。

プレミアムコース 60分 ¥8,000+ 税

シャンプー・カット・セカンドシャンプー・リラクシングマッサージ・クロスシェービング・耳掃除・セット

大野さんは、このお値段ではありますが相当な人気店ですので、電話かWebで予約はしておいたほうが良いでしょう。私が行った時は週末がほぼ予約で埋まっていた状況でした。

入店してみて驚かされるのはこの室内。(大野さんのWebサイトから画像をお借りしました)

高級そうな椅子もさながら、個室なのです。スタッフの方曰く、このご時世なので、個室だから接触が少なくて良いと感じる方と、逆に個室だから換気面で怖いと感じる方がおられるようですが、私は前者ですね。また換気が心配な方には、カーテンを開けたりして対応はできるそうです。

施術ですが、カットに関して長さや切り方など細かく色々と確認していただいた上で、なおかつオススメまでいただきながらじっくり時間をかけて行っていただきますし、シャンプーも丁寧。マッサージの際にはアシスタントが足モミ用の機械を持ってきて二人で行うなど、贅沢な時間を過ごすことができました。

こんな贅沢なお時間ですが、お値段は前述の通り少し張ります。

で・す・が!いま中央区では、PayPayでこんなキャンペーンが行われており、こちらは対象店でした。その結果、8,800円の支払いに対し、1,760円もキャッシュバックされます。せっかくの機会ですから利用するべきですね。

最後に、場所の説明を・・

おちらのお店は、地上からでは多少わかりにくく、この階段を下りたところにあります。奥に見えている建物はマンダリンオリエンタル東京です。

お勧めは、銀座線・三越前もしくはJR総武線・新日本橋から地下道を通って10出口からの来店です。ビルの地下一階から直接お店に行くことができます。

えっ?なんと!あの、あの「銀座に志かわ」が丸井錦糸町に。なんと12月18日(金)オープンですってよ!!

少し興奮気味なタイトルをつけてしまいましたが、丸井錦糸町店にあの銀座に志かわがオープンするんです。高級食パンで三本の指に入るともいわれているあの「に志かわ」が錦糸町にできるんです。

先日、丸井錦糸町ををあるいているとこんな感じで準備中。

さぁ。これはなんだ?いつできるんだ?と思い、色々と調べてみたところ、もったいぶるまでもなく、「に志かわのWebサイトに情報が出てましたね。

Webサイトから画像を借りてきましたが、こんな感じの店舗だそうです。和のテイストなのでしょうかね。

12月18日(金)オープンだそうです。楽しみですね。

うちでは妻が今から興奮気味に「絶対に並んで買う」と話しています。オープン直後には実際に行ってみて、その模様を報告したいなと思っています。

錦糸町には白と黒ができたり、アリオ北砂にはねこねこ食パンがオープンしたりと近隣に高級食パンのお店が増えてきましたね。、こういう素敵なお店がもっともっと増えてくれるとうれいいです。

コストコオンラインでジョンストンズのカシミヤストールを買いました。

東京では不要不急の外出自粛が求められている中、オンラインショッピングでの買い物で生活用品のほぼ全てを賄っています。配送業界の方には本当に頭が下がります。ありがとうございます。

トイレットペーパーや洗剤など、いつも購入するコストコのラインナップの中に素敵なものを発見しました。

冬の超定番・ジョンストンズのカシミヤストール!

しかもとてもお安い!種類も豊富!

コストコオンラインショッピングから引用

お値段は会員オンリーなので記載できませんが、この大判ストールが税込みで3万円を下回っていました。もちろん配送料込です。

10年以上前にロンドンで購入した際でも4万円以上はしたように記憶しています。東京の百貨店ではかなり良いお値段です。柄にもよりますが、6~7万円前後でしょうか。

これは長年愛用してきたジョンストンズを新しいものに交換するチャンス!とばかりに妹とあわせて8枚も購入してしまいました。

見ていると、どれもとても素敵でテンションがあがり、次々とカートインです。

今までもコストコでは秋から冬にかけてほぼ予告なしで、川崎倉庫などでジョンストンズを扱っていたのは時々見かけていました。

もちろんコストコが販売する正規品です。

しかしドレスゴードン、ロイヤルスチュワート、ブラック&ホワイトスチュワートの定番がコストコでこれだけ種類が多く扱われるのは初めて見ました。

既に完売の柄もありますが、種類が豊富で久々に巡り合ったかなり嬉しい商品です。Strong Buyです。

ちなみにサイズは大判の190cmx70cmのみではなく、少し小さめのカシミヤストール180cmx50cmやカシミヤスカーフ180cmx25cmも種類豊富にあります。

コストコオンラインショッピングから引用

小さめのカシミヤストールでも税込みで2万円を下回っていました。

コストコオンラインショッピングから引用

カシミヤスカーフは1万円以下で、スコットウェザードやノックモアまでラインナップされています。おもわずこちらも複数枚買ってしまいました。

ジョンストンズのメンズのマフラーとしても人気のブラックはビジネススタイルでもマッチします。メルローも良い差し色になります。ちらりとみえるエルギンのタグがおしゃれです。

もちろん支払いはマスターカードでしっかりポイントが付きます。お支払いのためにも今はしっかりとテレワークで働いて、Stay at homeです。家内ではもう一人のリモートワーカーと熾烈なアーロンチェアの奪い合いにはなっていますが・・・

コロナ騒動が収まって静かな季節がきたら、暖かいジョンストンズのカシミヤに包まれてゆっくりと散歩ができたら良いなと思います。

マスクは今は店頭で実際に買えることもあるようですが、オンラインでは朝4時ぐらいに買えることがあるようです。マスクが在庫にある時間はまちまちで特に決まりは無いようです。

コストコで必要なものを買うときにマスクも検索しますが、ごくたまに在庫を見かける程度です。トイレットペーパーは今は普通に買えますよ。

生活必需品からちょっとおしゃれなアイテムまでが手頃な値段でオンラインで買うことができるのはコストコの会員だけです。コストコの会費は十分もとがとれる会費だと思います。

マスクも必要ですが、こんな素敵なストールに破格なお値段で巡り合ってしまう、オンラインでのコストコショッピグはまだまだ続きそうです。

リモートワークのための環境準備。ハーマンミラーのミラチェア中古品を導入して備える。

日々状況が悪化している東京のコロナ事情。

満員の総武線に揺られて都心に通勤するのは本当に心配になります。(なぜ、満員電車が三密にならないのか本当に理解できません。ドア空きますけど本当に大丈夫か?)

そんな最中、リモートワークで自宅勤務が可能になった方も多いのでないでしょうか。

実は、私の会社もこの金曜日にようやくリモートワークの許可が出ました。これより本格的にリモートワークです。少なくともゴールデンウィークまでは出社しないつもりでおります。

家で働くとなると問題となるのは働く環境。

我が家にはかれこれ12年使い続けている椅子があります。

はい。ハーマンミラーのアーロンチェア(初代)です。

購入したのは2008年の4月末。写真は当時のものです。

当時15万円近くしましたが、それから12年間トラブルも全くなく現役のまま働き続けています。これは本当に良い買い物だったと思っています。

なお、経年劣化で所々傷んでいるのですが、なんと12年もの長期に及ぶ保証が受けられ、それらで劣化パーツを新品に交換してくれるのです。ギリギリ間に合うタイミングでしたので、申し込んで見ました。(その顛末はまた書きますね)

ハーマンミラーのアーロンチェアは、2代目「リマスタード」となり、初代のデザインを引き継ぎながら現在も販売されています。

アーロン リマスタードは税込205,700円~
と結構高くなってますね。

リマスタードには、一部機能を省いた廉価モデルもあります。
前傾チルト機能を省き、と肘掛の調整機能を省いた「固定アーム」、肘掛のない「アームレス」です。
アーロン リマスタード ライトは固定アームが税込123,200円、アームレスが111,100円。
おっ、割と良いかも・・・個人的にはアームレスに興味を持ちましたが、現在アームレスのサイズBは国内在庫切れを起こしているようで、今月末まで届かないようですね。

新しく、チェアを探す。

ハーマンミラーのアーロンチェアが一脚あるのでが、我が家ではリモートワークになる人が二人になりました。そうすると椅子の奪い合いになるのです。

我が家には他に、フリッツハンセンのアントチェア(アリンコチェア)セブンチェアがあります。これらはダイニングの椅子としては100点満点の素晴らしい椅子なのですが、この椅子で1日8時間座ろうとすると、さすがにキツイ。半日くらいでコレジャナイになってしまいました。

二人とも、首や腰に悩みを抱えており、このままではアーロンチェアの争奪戦は相当に熾烈なものになりかねません。

そこで、アーロンチェア、もう一脚欲しいねとなり、調べてみます。

リマスタードの新品は流石に高すぎる。

ライトのアームレスが面白いかなと思いきや、前述の通りサイズBは在庫切れ。

中古のアーロン初代を当たってみると、だいたい8万円から。アーロンチェアって仕様にもよりますが12万~18万円くらいなのですが、中古もなかなか良いお値段しますね・

ミラチェアに決定!

色々と考えた結果、ターゲットをこちらに変更です。

この椅子は、ハーマンミラーのミラチェア。

ハーマンミラー社が、アーロンチェアの後継として世に出したのですが、残念ながらアーロンの後継にはなり切れなかった椅子。

ですが、、、一応、後継とした訳ですからアーロンチェア並みに素晴らしいはず。

で、人気面では大きく劣ることから、中古価格はそれなりにお得。4万円で程度の良い中古を探すこともできます。

ということで、オフィスバスターズの錦糸町店さんを伺って、試しに座ってみると、アーロンチェアとかなり似た座り心地。座面が少し柔らかく、背面が硬い印象はあるのですが、この感じだと疲れず仕事に没頭できそうです。

それに加え、アーロンの中古だと、他店からの取り寄せとなり2週間近くかかりそうな見込みだけど、ミラチェアは即納可能。ということで、早速購入しました。

この週末も、普通に使っておりますが、ミラチェアも相当に良い椅子だという印象です。

明日からのお仕事もはかどりそうです。

なお、オフィスバスターズ錦糸町店さんの在庫。先週水曜日時点では、アーロンチェアが1脚、ミラチェアが5脚あったのが、今日時点でミラチェア3脚のみになっています。

同じことを考えている人がそれなりに居るようで、売れている模様ですので、ご興味のある方はお早めに!!

なお、ミラチェアもモデルチェンジにより現在はミラ2チェアとなり、ハーマンミラーのラインナップに名を連ねています。

初代は背面が樹脂製だったのですが、2代目はそこにもメッシュが貼られています。また、少し小型化され軽量になっています。

お値段は約15万円、ということでアーロンライトより少し高く、アーロンより随分安い値付けになっていますね。

錦糸町のおしゃれな北欧草履 メリコティの体験教室に申し込んでみました

石原さとみさんが東京メトロのCMでキュートな笑顔で北欧風の布草履を紹介されていたのを覚えている方も多いのではないでしょうか?

東京メトロCM「錦糸町編」でのキュートな石原さとみさん

紹介されていたのは北齋通りの布ぞうり専門店メリコティ。

MERIKOTI(メリコティ)
[住所]東京都墨田区亀沢1-12-10 平井ビル1F
[電話番号]070-6986-0708
[営業時間]10:00~18:00
[定休日]月曜 ※月曜が祝日の場合は営業
[最寄駅からのアクセス]半蔵門線 錦糸町駅から徒歩15分

MERIKOTI(メリコティ)のショップは前回お話したとおりとても素敵なインテリアで壁一面、色とりどりの布ぞうりがカラフルにディスプレイされています。

いくつかすでに自宅で愛用している布ぞうりもあるのですが、自分の好みのものを自分の手で作りたいハンドメイド熱がふつふつと湧いてきました。

店員さんに体験教室・ワークショップのことを伺ってみたところ、店内のパソコンを見ながらスケジュールの確認をしていただきました。

しかしもっと自由に一緒に参加する予定の人と相談して決めたいと伝えたところ、オンラインストアから申し込めると教えていただきました。

まずは会員登録をし、ホーム、Workshop,布ぞうりの中から自分の参加できる日時を選び、参加人数分をカートに入れ、クレジットカードで決済します。

1クラス4人の少人数制で先生の指導をしっかりと受けられる体験教室です。

人気のワークショップなのでかなり先まで予約が埋まっていることがありますので、「やってみよう!」と思われたらお早めに。

参加条件は「小学校5年生以上」で「自分で針と糸が使える人」とのことです。
小学校5年生以上の方はぜひ夏の自由研究や課題作成にいかがでしょうか?

ワークショップの先生のメッセージによると

お時間内に1足完成してお持ち帰り頂くレッスンです。

講師がお手伝いさせて頂く場合がございます。また、お子様には少し難しく、参加は小学校5年生以上で、自分で針と糸が使える方からとさせて頂きます。お申込みが多くなっており、満席のクラスも出ています。出来るだけ多くの方に参加して頂きたいので直前でのキャンセルはご遠慮ください。やむをえずキャンセルされる場合は3日前までの連絡をお願いいたします。スケジュールをご確認の上お申し込みください。作り手としてやってみたいという方もぜひご参加ください。

会場で材料を購入頂けます。

無事にクレジットカードの決済が済むと、翌営業日にワークショップの先生からメールが来ます。実際の作業場はショップの近くですが、メールに記載されている場所を時間に余裕をもって訪問する予定です。

すべて用意していただけるそうなので、3時間のワークショップで自分のお気に入りの物が作れるように体調を整えて臨みたいと思います。

購入すると8,000円以上する高級な布草履を自分好みで5,500円で作れるなんてお得!とドキドキ楽しみにしています。

4月のワークショップに参加予定ですので、またどんな感じだったかを報告しますね。


これはお店のためし履き用の草履です。ワークショップでは全部赤などのオリジナルもいいなと構想をねっています。 考えている間が一番楽しんですよね。

私はこのショップのメリコティと北欧人気ブランドの「マリメッコ」がなぜ響きがにているかと聞いてみたいとおもっているのです。北欧単語の響きで何がにているだけなのか、なにか意味があるのかを伺って見たいと思っています。

ラテを求めてマキネスティコーヒーを訪ねたらそこはデザイナーズチェアの宝庫でした!ル・コルビジェ、カッシーナ、リートフェルトに座ってカプチーノを飲む

錦糸町駅の駅ビルテルミナ。駅南口の地下には食べるマルシェTERMARCHEがあります。

その真ん中に居を構えるコーヒーショップ・マキネスティコーヒー。駅ビルの地下の一角にあるとは思えないとても本格的なコーヒーえを提供しています。ラテアートも楽しめるので、ちょっと一息をつきたい時に立ち寄るのが最高ですね。

このマキネスティコーヒー。墨田区の緑三丁目に本店を構えておられます。

錦糸町駅地下のテルミナ店があまりにもおいしいので、ぜひ緑本店にも行きたいとかねてから思っておりました。ということで、マキネスティコーヒー本店デビューです。

マキネスティコーヒー緑本店

緑本店の住所は墨田区緑3-11-5。

錦糸町駅と両国駅の丁度真ん中に位置しており、JRの両駅から徒歩15分くらい。大江戸線両国駅からですと徒歩10分くらいです。バス停は緑三丁目が最寄になります。

京葉道路と三つ目通りの交差点のすぐ近くで、京葉道路の南側に面しています。

外観は上の写真の通りで、知らないと通り過ぎてしまうかもしれません。

中に入りますと、空いている席へどうぞということで、たまたま座れた椅子がこちら。

えっ・・・

椅子を見た瞬間いきなり驚きました。

この椅子。思いっきりル・コルビジェのLC2じゃないですか。なんとも贅沢な。

ん、そういえば入ってすぐの空間

のんびりと通り過ぎてしまいましたが、よく見るとこれは

一番奥はル・コルビジェLC2の3人掛け
右にリートフェルトのレッド&ブルーチェア
手前はバルセロナチェアというなんとも豪華な空間

マキネスティコーヒーさんのWebサイトを見るとさらっとこう書かれていましたね。

店内では、オーナーの辻が集めたイタリアカッシーナからのル・コルビュジエのソファ、マッキントッシュ、リートフェルトのジグザクチェア、また、ノールインターナショナルからのミースのバルセロナチェア、ブロイヤーチェアがさりげなく置かれ、お客様用の椅子、ソファとして活躍中です。

カフェの風景より

オーナーの辻さん。さりげなく置かれすぎですし、活躍させずぎです!

椅子好きの方ならご存知の方もおられると思いますが、LC2やバルセロナチェアはデザインの権利がもう切れていて、見た目が同じものが世界中のどこでも作られているんです。安いもの2,3万からあります。それを、コルビジェはカッシーナのもので、バルセロナチェアは最高峰ともいわれるノールのものをご用意されているなんて。

これらの椅子に座れるだけでもなんとも幸せな気分に。

コーヒーとケーキ

何やら、コーヒー屋の紹介でなく家具屋さんの紹介のようになってしまいました。それぐらいインパクトのある椅子たちとの出会いだったのですが、本業のコーヒーも当たり前のように凄いこだわりがあります。

今回、カフェラテ・トールとチーズケーキをオーダーしました。

ラテアート。美しいですよね!ミルクの甘さやチーズケーキの甘味だけで砂糖なしで味わうのがおすすめかなと思います。

チーズケーキはカウンターの奥にこのように並べられていて、その中から選びます。

今日は6種類でした。

さいごに

支払いには各種クレジットカードとPayPayが使えました。

現金以外の決済ですと、経済産業省のキャッシュレス・ポイント還元(5%)も受けられます。

今回は、椅子の紹介が中心になってしまいましたが、今度はこだわりコーヒーを中心にまとめてみたいなと思います。

店内には、大きなテーブルがあり、そこでMacintoshで作業をされている方もおられましたし、本を読んでいる方も。

デザイナーチェアーとおいしいコーヒーでのんびりできるマキネスティコーヒー、お勧めです!

夜の雰囲気と泉質は日本一!世界遺産の温泉・温泉津温泉はとてもフォトジェニックでした。

島根県の世界遺産「石見銀山」のすぐ近くにとても素敵な温泉があります。

Iwami Ginzan which was registered as a World Heritage site in 2007 is famous tourist attraction in Shimane. But not only Iwami Ginzan, Yunotu Onsen spa is attractive onsen spot to visit. Specially night time, it is so photogenic.

温泉津温泉。こう書いて、おんせんつではなく”ゆのつ”おんせんと読みます。

この温泉、温泉街ではなくまさに温泉!このお湯に浸かるためだけに島根県に旅行する価値があります。

島根県には玉造温泉という人気温泉があります。玉造温泉と比べて温泉津温泉は訪れる方も少ないようですが、その泉質は日本一ではないかと思うほどでした。山陰の山中の秘湯の雰囲気が漂っています。

Tamatukuri Onsan is so famous in Shimane. But Yunotsu Onsen atmosphere is so romantic and spring quality is the best in Japan.

令和の世の中にあって、昭和にタイムスリップするような感じ(平成どこ行った!?)。

とてもフォトジェニックな街です。

温泉の紹介

温泉津温泉には二か所の外湯があります。元湯温泉と薬師湯。両温泉は隣接していて1分もかからずに移動できます。しかし、この距離にありながら二つの温泉の源泉は異なっており、温度も異なります。

Yunotsu Onsan has two spring. Motoyu Onsen and Yakushi-yu.

These two onsen only one minute on foot. but this spring has each original water quality.

元湯温泉 Motoyu Onsen

黄色い壁の小さ目の温泉が元湯温泉です。

中には、ものすごく熱いお湯と、それなりに熱いお湯のお風呂が。
あと少しだけぬるめのもあったかな…

源泉は48.1度。それを適当に水でうめて42度~46度くらいに冷ましています。

ものすごく熱いのには、足先をつけるのがやっとでした。

また、洗い場などはありません。体や頭を洗うことはできなくはないのですが、ちょっと浮きますので、元湯温泉ではお湯につかることのみを目的としたほうが良さそうです。

Motoyu Onsen spa temperature is so hot. only small space for washing. So main purpose of Motoyu Onsan is just enjoying taking bath.

温泉の泉質はナトリウム・塩化物温泉で、ミネラルを豊富に含んでいます。

薬師湯 Yakushi-yu

大正時代にタイムスリップをしたかのような薬師湯。

こちらのお湯もなかなか素晴らしいのですが、浴場のインパクトでは元湯温泉に負けているかな。薬師湯のほうが普通の銭湯に近いところがあるだけなのですけどね。

薬師湯の魅力は、建物そのものにあります。

お風呂で暖まったあとは、ぜひ2階に上り、雰囲気の良い休憩処で寛ぎ、薬師湯の調度品の凄さを堪能してください。

無料でコーヒーも飲めますし、屋上に出ることもできますよ。

おまけ

温泉津温泉の最寄り駅はJR山陰線の温泉津駅。

この駅は、JR西日本が誇る豪華列車トワイライトエクスプレス瑞風が列車の行き違いのために五分間停車(客扱いなし)するのです。

その5分間を使って、温泉津の地元の方たちが乗客向けにおもてなしをされるのがニュースになりましたね。

温泉津駅は御覧のような小さな駅です。

この時、ホームには間もなく発車する汽車が。まるで銀河鉄道のようでした。

羽田空港パワーラウンジ・伊丹空港ラウンジオーサカを使いこなそう

羽田空港などの大きな空港を利用する際、空港に少しついたりして1時間くらい時間ができてしまうことがあります。もちろん、ショッピングやレストラン・カフェで時間を過ごすのもありですが、ラウンジでコーヒーを飲んだり、メールを確認するなどして過ごすのも良いでしょう。

空港のラウンジに馴染みのない方には敷居が高く思われるかもしれませんが、ラウンジにも何種類かあり、最上位のものはJALやANAの上級会員の方のみが入れるものもありますが、中にはクレジットカードのゴールドカードを提示するだけで入れるものもあります。

クレジットカードのゴールドでもいろいろありますよね。私はたまたまdocomo dカードと、イオンカード、三井ショッピングカードAMEXのゴールドカードを持っておりましたので、これらで入れるラウンジを紹介していきます。

羽田空港パワーラウンジ

羽田空港にはパワーラウンジというラウンジがあります。写真は第2ターミナル(ANA側)のセントラルのエントランスですが、同じようなラウンジが第1ターミナル(JAL側)に3つ、第2ターミナルに3つの合計6か所もあります。

ここを無料で利用できるゴールドカードは次の通り、私の持っているたカードでは三井ショッピングパークAMEXはNGと言われましたが、あとの2枚(dカードゴールド、イオンカードゴールド)はどちらもOKとのことでした。

フロントではゴールドカードのほかに、搭乗券を見せます。搭乗前か到着後のみ利用できるとのことでした。

さて、中に入ってみますと、このような空間が。少し固めでスタイリッシュなソファーが並びます。ソファーの脇にはコンセントとUSBがあり、スマートフォンの充電もばっちりです。

ドリンクコーナーもこんなにスタイリッシュ。ホテルのバイキングのドリンクコーナーみたいですね。ここに掲げたジュース類やコーヒーが無料でいただくことができます。

伊丹空港ラウンジオーサカ

続いて、大阪は伊丹空港。こちらにはラウンジオーサカがあります。

伊丹空港の場合、ラウンジはちょうど空港3階のど真ん中の場所に一か所です。

エントランスはこんな雰囲気。

こちらのラウンジに入れるカードはこちら。概ね羽田と同じでしょうか。私もイオンカードゴールドで入ることにしました。

中は結構広く、フロントの先で南北に分かれています。南北間の自由な移動も可能。色々なタイプのイスがあり、寛ぎ目的、おしゃべり目的、お仕事目的とあらゆるニーズにこたえられそう。こちらも各席にコンセントがあるので充電もできます。

羽田ほどのスタイリッシュさはないですが、伊丹にもドリンクバーが。コーヒーやジュース、スープ類が無料でいただけます。また、300円でオプションのドリンクも!

飛行機旅の前に、ラウンジでちょっとコーヒーを。
カジュアルにラウンジを使いこなせたら良いですね。