460円なのにとても豪華な銭湯たち TOKYO Sento Public Bath is so fantastic experience

最近の銭湯の充実ぶりってすごいですよね。

今東京都では一律460円に設定されているようですが、このお値段でお得感を感じられる銭湯をいくつかご紹介します。

1.御谷湯

御谷湯と書いて「みこく湯」と呼びます。錦糸町駅と両国駅の丁度中間地点。三ツ目通りと蔵前橋通りの交差点に近い場所にある銭湯です。

ビルの一棟まるごと銭湯になっていて、1階が受付と休憩。4階、5階が日替わりで男湯、女湯となっています。

普通の銭湯のお値段で入れることが不思議に思えるほど立派な佇まいで、お湯も本物の温泉である黒湯。サウナこそありませんが高温温泉と低音温泉を往復するとサウナ同様に「整います」。体温に近い温度の不感温温泉は長風呂に最適です。

本当に素晴らしい御谷湯ですが、それ故に行ってみて空いていたことがないというのが一番の欠点かもしれません。

2.大黒湯

スカイツリーにほど近い墨田区横川の大黒湯。

かつては近くにあった鳴戸部屋(元大関琴欧州の相撲部屋)のお相撲さんたちが通っておられるのをテレビで何度か拝見いたしました。

ここの売りは立派な露天風呂やウッドデッキがあること。

また、ランナーの方はこちらをランニングステーション替わりにすることもできます。荷物を預けて着替えて大黒湯から走り出し、終了後お風呂でさっぱりすることも可能です。ランステとしても利用価値があります。

3.薬師湯

ここの売りは毎日の中身の変わる日替わり湯ですね。

バスクリンなどの入浴剤が日々楽しめます。ここもランニングステーションとして利用することが可能です。

大黒湯も薬師湯も隅田川を走るのに便利な立地です。

4.萩の湯

JR山手線・京浜東北線の鶯谷駅。

そこから3分の場所に位置するひだまりの湯萩の湯さん。

一棟丸ごと銭湯の立派な建て物です。光マイクロバブル湯に電気風呂に炭酸泉風呂など多くのお湯が楽しめます。

風呂上がりに綺麗なレストランで食事をしていくこともできます。駅近なのでちょっとよってひとっ風呂なんてビジネスマンが増えているそうです。

【番外編】

5.RAKU SPA1010神田

こちらは厳密には銭湯ではありません。スーパー銭湯だけど「銭湯コース」を選べば銭湯価格とほぼ同額の470円で3時間利用することが可能です。

秋葉原駅もしくは御茶ノ水駅から徒歩の立地で、ここをベースに皇居のランステとして使うこともできます。

その場合、3時間の制限はランニング後に帰ってきた時点からスタートするので安心です。またお風呂上がりのレストランコーナーがとても充実しており、ちょっとした飲み会も開くことができそうです。

6.浅草ROXまつり湯

こちらは浅草にあるスーパー銭湯です。

それ故、入館料は2,700円(土日は+300円)とお値段が高目ではあるのですが、ドコモのdエンジョイパスに定期的に500円で入れるクーポンが販売されています。

スーパー銭湯ですので、休み処やマッサージ、レストランなど様々サービスを受けることができます。

いかがだったでしょうか。最近の銭湯は本当に素晴らしくて、こんなとこが460円で入れるなんて思うところが増えてきました。皆さんの参考になれば幸いです。

If you have any further question or something to know more about TOKYO.Please give us a comment. I will try to make your request

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。