コストコ オンラインショッピングを試してみた コストコ オリジナルダンボールで送られてくる 送料込みの値段でマスターカードのポイントも貯まる

2019年1月からCOSTCOでは会員向けにオンラインショッピングのサービスが開始されました。会員はオンラインサイトにIDとパスワードを登録して、マスターカード決済のみで支払を行います。

Japan Costco Onlie shipipng started from ON Dec 2019. Only register costco member can use and payment is Master card only.

https://www.costco.co.jp/AreYouReady

これが思った以上に便利だったのでぜひご紹介します。

COSTCOオンラインで表示される商品や価格は会員限定のものなのでこちらでは記載できません。

テレビの特集などでよくみるトイレットペーパーやオキシクリーン、さらにチョコレートや電化製品などほぼすべての人気商品を購入することができます。

またデリの食品や、バースデーケーキなどもあらかじめ予約ができます。バースデーケーキは店頭で紙を使ってオーダーしていたときよりも、非常に種類がおおくお子さんが喜びそうなデザインが豊富です。

生鮮食品はオーダーした倉庫へ予約日時に受け取りにいく必要がありますが、倉庫で待つという時間はなくなります。

https://www.costco.co.jp/AreYouReady

会員の方でまだオンラインに登録していないという方は、ぜひ登録をしてどんな商品がいくらぐらいの値段なのかを確認してみることをおすすめします。

価格はCOSTCO倉庫で購入するよりは少し割高です。

しかし送料込みの価格が記載されています。注文は1つから可能です。

人気の12ロールトイレットペーパーでも約400円程、倉庫で購入するよりも値段が高いのみです。あの巨大なトイレットペーパーをお店でカートに積んで、車に積んで、また車から降ろしての作業を考えると、玄関先までオンラインショッピングで注文できるのは大変にありがたいです。運送業者さんありがとうございます。

私は元々ビジネス会員でもあったので、3万円以上の購入はビジネス会員の担当の方にお願いすると送料をプラスして発送に対応してくれていました。

しかしビジネス会員といっても毎回3万円以上購入するわけでもなく、支払いは店舗で現金か銀行振込と少し不便でした。

オンラインの良いところは1つから頼める所と、ポイントがつくマスターカードで支払いが可能なところです。COSTCOマスターカードで支払うと、店舗での支払い同様に1.5%のリワードが付きます。リワードは店舗で会員更新の費用に私は使っています。

今回は1万円程の商品をマスターカードで決済し、3日後には自宅に配達されました。

メールで注文を受けたこと、発送をしたことなど状況をCOSTCOがアップデートしてくれるのでどのくらいかかるかがわかりやすいです。

さて、実際にどのようにに送られてくるかというと、COSTCOマークのダンボールを東京墨田区ではヤマト運輸さんが配達してくれました。配達員さんとも「このダンボール目立ちますね」と少しお話しましたが、ダンボールが丈夫でサイズもピッタリのサイズで発送してくれています。

ビジネス会員の発送サービスは明らかに倉庫で使わなくなったダンボールのリサイクルでしたので、なぜかバナナの箱で届いたり、サムサナイトのスーツケースの箱で届いたりしたこともありました。

開封をすると、さすがCOSTCOとニヤリとしてしまうメッセージが。

中のダンボール蓋には「Thank you for shopping COSTCO online!」とメッセージがありました。またCOSTCOのサービスの一つである返送方法などもQRコードを読み込むだけで対応できます。

購入したものは内緒ですが、COSTCOでしか買えない、でも重たいのでいつも車で行って購入したものが簡単に購入できるCOSTCOオンライン、便利すぎてお店に行く機会が減りそうで怖いです。

でもあの広い倉庫をぐるぐる回ってシーズンごとの新商品を手にとってみたり、その時だけの値下げされた掘り出し物を探し出す雰囲気を味わうのも大好きです。オンラインショッピングと併用しておそらく我が家のコストコ係数はさらに上がってしまうのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。