蔵前散歩 ラーメン激戦区 RAMEN 貝系らーめん改か汁なし担々麺タンタンタイガーで悩む シェルラー(らーめん改の巻)

蔵前にはご紹介したい行列必至のラーメン店が3件あります。らーめん改とタンタンタイガー 、元楽総

まずは、らーめん改から参りましょう。

らーめん改  東京都台東区蔵前4-20-10 宮内ビル 1F

営業時間 11:00~15:00(L.O.) 17:30~21:00(L.O.)
※売り切れ仕舞いあり 日曜営業 定休日 月曜

こちららーめん改。土曜日はとても混雑しています。開店と同時に行列を覚悟で訪問しないとその日にもよりますが30分程度は待つことりなります。

今回、13時半くらいに伺ったのですが、6人並んでいておよそ20分待ちでした。退店時には行列が10名を越えていたので、もっと待たされたかもしれませんね。

出て参りました。貝塩らーめん。あさりで出汁をとったらーめん改のベーシックならーめんです。好きな方は「シェルラー」と呼ぶ方も。シェルラーメンの省略です。

貝塩らーめん850円

まず、スープが本当においしいのです。ラーメンのスープでありながらどこか出汁のきいたお吸い物ようでもあり。貝の旨味が凝縮されています。

麺はやや太目の縮れ麺。そこにチャーシュー、竹の子などの具が入ります。個人的にはこの竹の子!好きですね。

らーめん改さんは公式のFBとTwitterで色々と告知をされています。営業をしているかなど確認してから訪問されることをおすすめします。

今は期間限定の新メニューの告知があります。1月16日からは 『濃厚蟹つけ麺』 が始まっていて、店舗でもオススメされてました。かなり濃厚で蟹の味がしっかりしているつけ汁とのこと、近いうちに試してみたいものです。

これだけ大きく券売機に貼り付けてあるということはかなり味に期待できますね。

今回は訪問できなかったのですが、蔵前でラーメンを食べる時に迷うもう一軒は「タンタンタイガー」です。

ここはパクチーが好きな人にはたまらないくらいパクチーを乗せてくれます。

もちろんNOパクチーもあります。痺れと辛さを選ぶことができますが、まず初めての訪問では痺れ3辛さ3から始めるのがよいですよ。辛さよりも山椒のシビレがかなり効きます。

ご主人があるタレントさんによく似ており、最初に訪問したときはそのタレントさんが経営されている店だと退店するまで信じていました。どんぶりをさげるときに「xxさんですよね?」と伺ったら、笑顔で「とても良く間違えられるのですよ」とチャーミングに答えてくれました。ご主人の人柄も魅力の一つです。

タンタンタイガー 蔵前店

〒111-0054 東京都台東区鳥越2丁目2 2−1  090-4450-2986  

営業時間11:00~15:00 17:00~22:00 日曜営業

元楽 総本店は後日しっかりとした記事をひとつ書いてみたいと思います。背脂ラーメン以外にも美味しいものがたくさんある街の中華料理屋さんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。