ポイントインカム 2020年9月 クエスト クエストコンプリート後の上級クエストは! かなり難関です。

マツコの知らない世界でポイ活が取り上げられたこともあり、ポイントインカムやローソンのお試し祭りなどが最近とても盛り上がっています。

私はユーザー歴15年以上のdocomo化石会員なので、もちろんクレジットカードもdカードのゴールド。家族で毎月3000ポイントほどのdポイントを得ています。

2020年7月と8月のポイントインカムはクエストをクリアするのが難しかったです。

私はトロフィー制度が苦手で7月はクリア出来ませんでした。

2020年8月のクエストは鬼門のPOTARO WARSはクリアでしたが、普通にショッピングなどの利用回数がたりませんでした。

せっかく他の条件をクリアしても、POTARO WARSをクリアしていないと★★★★★の上に隠されている上級クエストが公開されません。

ここがクリアできないと、ポイントインカム経由の広告利用のモチベーションが下がる利用者の方もいらっしゃると思います。

★★★★★のクエストはもうすこし難易度を低くしたほうが良いのではないかと感じています。

POTARO WARSは運しだいという方もいますが、確実にクリアできる方法があります。その秘訣はまたの機会に書いてみたいと思います。

8月のPOTARO WARSは5体撃破でした。ちょっと後半は失敗してしまったのが反省です。

さて本題の9月の上級クエストですが、9月25日の楽天マラソンを利用して「広告を15件利用」の条件も達成。

上級クエストが公開されました。

しかし9月はかなり難しいです。

9月はクエスト自体にはそれほど難しいものはありませんでした。

途中で「サービス広告を利用する」に項目が変化したクエストもありましたが、それほど難しいものではありませんでした。

しかし、最後の上級クエストは「300,000ポイントを交換する」です。30万ポイントは約3万円分です。

このレベルまで毎月ポイントを貯めている人はあまりいません。

また私は9月はクオペイがドットマネー経由だと+20%なので、ほとんどドットマネーのポイントと交換しています。

しかしドットマネーには1回に100,000ポイント、約1万円分しか交換できません。

27日に上級クエストが3万ポイントの交換であることを知っても、ちょっと今回は上級クエストクリアは私には無理だと思われます。

9月はPayPayのネットストア10%ポイント還元や楽天Rebates、さらにユニクロで20%ポイントバックになっているau payやd払いの30%還元など魅力的なキャンペーンが多すぎました。

これまでポイントインカムなどのポイントサイトを経由するとポイントの二重取り、三重どりができることを魅力に感じていました。

しかしここにきてQR決済や電子マネーのサービスが充実してきたこともあり、ポイントではなくそちらの還元のほうに魅力が移ってきたように感じています。

ポイントサイトはそのポイントが溜まるお店を利用した時のみポイントを貰える訳ですが、QR決済や電子マネーはポイント還元を受けられるお店の選択肢が比べ物にならないくらい多いのです。

今月はd払いで条件を満たすと30%の還元があります。
クリア条件は対象店舗2か所以上でd払いを使うことと比較的シンプルです。

一例ですが資生堂の化粧品ネット販売「watashi+ ワタシプラス」と飲食店の「日高屋」でd払いをすると30%分dポイントが戻ってきます。

資生堂の「ワタシプラス」でマキアージュのセーラームーンケースがついた限定のマキアージュファンデーション 3,850円を買うとdポイントが1,155ポイント還元されます。


日高屋でお昼に中華丼555円を食べて、d払いをすると165ポイント戻ってきます。


戻ってきた約1300円分のdポイントは今度や吉野家やマツキヨなど多くのお店で使えます。

d払い30%還元には還元額が2000円という上限があります。

支払額で考えると約6700円という上限がありますが、化粧品を買ってすこし外食してぐらいの普通の生活の人には充分な枠だと思います。

しかし、ポイントサイト・ポイントインカムには今現在「ワタシプラス」での還元はありません。

「ワタシプラス」は楽天のRebatesで2%の還元があります。しかも「ワタシプラス」自体でも10%の「ワタシプラス」内でのみ使えるポイントの還元をしています。

資生堂公式オンラインショップ ワタシプラス

ポイントインカムでの案件が少しずつ厳しくなり、上級クエストもせっかくオープンになってもこんなに難しいとポイントインカムをメインで使うのは少し考えどきなのかなと思いました。

来月もまた上級クエストオープンを目指したいと思いますが、ちょっと気持ちが離れつつあるところです。