【楽天ポイントの仕組みを解読!】1.ポイント明細の読み方編

こんにちは。突然ですが皆さん、楽天使ってられますか?

楽天には楽天経済圏などという言葉もあって、楽天の傘の下で”生活”していくことでとってもお得に暮らせることができるんです。

ですが、楽天のポイントの仕組みってとにかくわかりにくい…

お得な仕組みを提供しているのですが、「あわよくば利用者が間違ってその恩恵に預かれないとラッキー」くらいに思ってるんじゃないかと勘繰りたくなるほどわかりにくいのです。

そんなわけで、今回は楽天市場で物品購入する際のポイントのつき方について簡単に説明したいと思います。

そのためには重要な要素である、SPU(エス・ピー・ユー/スーパーポイントアップ)についてと、ちょうどいま開催中のお買い物マラソンについて、ここでは簡単に触れることにしますが、詳しくは別記事を書こうと思っています。

楽天ポイント明細

それでは実際にとある商品をカートに入れた時のポイントの内訳を確認してみましょう。

例えば、3,218円の商品を購入して、3,117ポイントも戻ってくることがあります。ポイントは内訳を確認することができますので、ちょと確認してみましょう。

その内訳は右の図の通りです。今回の場合、楽天スーパーディールの対象商品でしたので、まず50%のポイントがついています。普通の場合(スーパーディールでない場合)はここが1%です。

その下には、楽天モバイルや楽天プレミアムカードでそれぞれポイントがついています。これがSPUの仕組みです。おのおの+1倍とか+4倍という風に書かれていますが、これは本来なた1%分のポイントがつくところが、+1倍だと、合計で+2倍。この場合はポイントが2%つくことを意味します。ちょっとわかりにくいですが、楽天のポイント計算ではこの+何倍があちことで出てくるので慣れる必要があります。

SPUは別記事で詳しく触れますが、楽天の提供するサービスを利用する度に、購入商品の0.5%~1%ポイント還元が追加される仕組みです。楽天の携帯を使い、楽天で本を買い、楽天のクレジットカードを使い、楽天トラベルで旅行をするなどと、楽天の傘のもとで生活をすればするほど、楽天市場のポイントバックが大きくなり、つい楽天で買ってしまう。

これが楽天経済圏と言われるゆえんです。

さて、上記の明細では、下部にショップ買い回り6ショップ +5倍の文字があります。ですが、ポイントバックは0・・・ここがお買い物マラソンのポイントなのですが、ここも次々回詳しく説明することにします。

各々記事ができましたら、こちらからリンクでたどるようにします。楽しみにしておりてください。

楽天モバイル(MNO)新プラン発表。20GBまで1980円/月は確かに魅力的!でも今月個人的にちょっとひどいめにあいました。

今日、楽天モバイル(MNO)の料金プランが発表になりましたね。

これまでのプランの人も、4月1日から自動的に新プランに以降するとのことです。
とはいえ、今楽天モバイルを契約している人は、全員1年間無料の恩恵にあずかってきた人なので、基本的には旧プランの月額2980円の人はいないと思いますが…(あっ、2回線目の人は該当しますね)

その新プランは、楽天モバイル次の図の通り、4段階制になっていて0円~2980円/月まで変動します。

ここで、この春から出そろってきた大手3大キャリアの格安プランと比較してみます。

Rakuten
UN-LIMIT VI
ahamo (docomo)Softbank
on LINE
povo (au)
~1GB0円2980円2480円
1GB~3GB980円2980円2480円
3GB~20GB1980円2980円2480円
20GB~2980円1GBにつき+500円
20GBを超えた時の速度制限なし1Mbps1Mbps1Mbps
電話アプリからの通話無料5分以内の通話無料5分以内の通話無料通話無料オプション+500円

大手三大キャリアの料金プランは、auが5分通話無料オプション(500円)の有無を選べる点(これは評価します)で差がある以外は、実は全く同じです。

確か、こういうの社会の授業で習いましたよね?カルテルとか言う・・・

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vでは、月2980円で容量無制限/通話無制限を打ち出していましたが、ここに来て三大キャリアが20GB 2980円/通話5分無料を謳いだし、価格面でのメリットが薄まってしまっていたのですが、どの容量でも三大キャリアより安くなり、かつ1GB 0円、3GB 980円と、LINEモバイルやマイネオなどのMVNO(いわゆる格安SIM)をも下回る価格となっています。

ちょっと比較してみましょう。

Rakuten UN-LIMIT VILINE モバイルマイネオ(au回線)
~500MB0円1100円1310円
~3GB980円1480円1510円
~20GB1980円~6GB:2200円
~12GB:3200円
~6GB:2190円
~10GB:3130円
~20GB:4590円

こうしてみると、小容量では格安SIMのMVNO勢よりも安く、大容量でも三大キャリアの格安プランよりも安いというなかなか攻めた価格となっています。

と、ここまでべた褒めしてきた楽天モバイルですが、ちょっと気になることが・・・

楽天モバイル(MNO)は、まだまだエリアが狭く、圏外の場合auの電波をローミングして使うことになっています。auと楽天との間で色々と揉めているという話もありますが、それは置いておいて、今のところ、楽天回線であれば無制限であるが、au回線では月5GBまでという制限があります。

私事ですが、2021年1月は、なぜかauを3.1GB使っただけで、容量制限を受けることになりました。

my楽天モバイルの残量表示(円グラフ)はこう。
今月8.9GB使って、au回線5GBは使い切ったとの表示。

しかし、直近のご利用内訳をみると、このうち楽天回線が5.6GBで、パートナー回線(auのこと)は、3.13GB。(合計が8.75GBなのは取得タイミングのせいです)

この件を、アプリから問い合わせをしてみたのですが、普通に問い合わせてみると、24時間応答がかえってこない・・・
って、見ての通り、私は日常的にau回線がないとちょっと困るわけです。
使っているから制限を受けるわけで、通勤時やオフィスにおいて、楽天回線が届いていないところがあるのです。
ということで、返事が欲しく、「緊急」で問い合わせてみると、今度は返事が来ました。
で、反映が遅れているのではとのこと。


そうはいわれましても、そもそも端末のモバイル通信が、9GB弱なのです。

だから、アプリが示す楽天回線5.6GB、au回線3.1GBの数値自体がおかしくないと、auで5GB行かないでないかと指摘してみましたら、担当者が別の方に変わりました。

で、新担当者に、上の画像を送ったり、端末再起動、SIMの出し入れ、アプリのログオフとかをしてくださいと言われ、状況が変わらないと、結局また「反映が遅れている」との回答が。

全く解決していない!!!
ほぼほぼあきらめることにしました。この土日を我慢すれば月曜日からまた高速回線に戻るわけですし。

と、愚痴のように書いてしまいましたが、今のところ無料なのでこれもいたしかたなしかな。今後有料化したあとで使用量が違うとなった時はと、少し心配にもなりました。

最後に、楽天モバイルは容量制限の際でも、1Mbpsと比較的高速な通信ができます。

二つの方法で計測してみましたが、概ねその速度がでているようです。

ポイントインカム 2020年9月 クエスト クエストコンプリート後の上級クエストは! かなり難関です。

マツコの知らない世界でポイ活が取り上げられたこともあり、ポイントインカムやローソンのお試し祭りなどが最近とても盛り上がっています。

私はユーザー歴15年以上のdocomo化石会員なので、もちろんクレジットカードもdカードのゴールド。家族で毎月3000ポイントほどのdポイントを得ています。

2020年7月と8月のポイントインカムはクエストをクリアするのが難しかったです。

私はトロフィー制度が苦手で7月はクリア出来ませんでした。

2020年8月のクエストは鬼門のPOTARO WARSはクリアでしたが、普通にショッピングなどの利用回数がたりませんでした。

せっかく他の条件をクリアしても、POTARO WARSをクリアしていないと★★★★★の上に隠されている上級クエストが公開されません。

ここがクリアできないと、ポイントインカム経由の広告利用のモチベーションが下がる利用者の方もいらっしゃると思います。

★★★★★のクエストはもうすこし難易度を低くしたほうが良いのではないかと感じています。

POTARO WARSは運しだいという方もいますが、確実にクリアできる方法があります。その秘訣はまたの機会に書いてみたいと思います。

8月のPOTARO WARSは5体撃破でした。ちょっと後半は失敗してしまったのが反省です。

さて本題の9月の上級クエストですが、9月25日の楽天マラソンを利用して「広告を15件利用」の条件も達成。

上級クエストが公開されました。

しかし9月はかなり難しいです。

9月はクエスト自体にはそれほど難しいものはありませんでした。

途中で「サービス広告を利用する」に項目が変化したクエストもありましたが、それほど難しいものではありませんでした。

しかし、最後の上級クエストは「300,000ポイントを交換する」です。30万ポイントは約3万円分です。

このレベルまで毎月ポイントを貯めている人はあまりいません。

また私は9月はクオペイがドットマネー経由だと+20%なので、ほとんどドットマネーのポイントと交換しています。

しかしドットマネーには1回に100,000ポイント、約1万円分しか交換できません。

27日に上級クエストが3万ポイントの交換であることを知っても、ちょっと今回は上級クエストクリアは私には無理だと思われます。

9月はPayPayのネットストア10%ポイント還元や楽天Rebates、さらにユニクロで20%ポイントバックになっているau payやd払いの30%還元など魅力的なキャンペーンが多すぎました。

これまでポイントインカムなどのポイントサイトを経由するとポイントの二重取り、三重どりができることを魅力に感じていました。

しかしここにきてQR決済や電子マネーのサービスが充実してきたこともあり、ポイントではなくそちらの還元のほうに魅力が移ってきたように感じています。

ポイントサイトはそのポイントが溜まるお店を利用した時のみポイントを貰える訳ですが、QR決済や電子マネーはポイント還元を受けられるお店の選択肢が比べ物にならないくらい多いのです。

今月はd払いで条件を満たすと30%の還元があります。
クリア条件は対象店舗2か所以上でd払いを使うことと比較的シンプルです。

一例ですが資生堂の化粧品ネット販売「watashi+ ワタシプラス」と飲食店の「日高屋」でd払いをすると30%分dポイントが戻ってきます。

資生堂の「ワタシプラス」でマキアージュのセーラームーンケースがついた限定のマキアージュファンデーション 3,850円を買うとdポイントが1,155ポイント還元されます。


日高屋でお昼に中華丼555円を食べて、d払いをすると165ポイント戻ってきます。


戻ってきた約1300円分のdポイントは今度や吉野家やマツキヨなど多くのお店で使えます。

d払い30%還元には還元額が2000円という上限があります。

支払額で考えると約6700円という上限がありますが、化粧品を買ってすこし外食してぐらいの普通の生活の人には充分な枠だと思います。

しかし、ポイントサイト・ポイントインカムには今現在「ワタシプラス」での還元はありません。

「ワタシプラス」は楽天のRebatesで2%の還元があります。しかも「ワタシプラス」自体でも10%の「ワタシプラス」内でのみ使えるポイントの還元をしています。

資生堂公式オンラインショップ ワタシプラス

ポイントインカムでの案件が少しずつ厳しくなり、上級クエストもせっかくオープンになってもこんなに難しいとポイントインカムをメインで使うのは少し考えどきなのかなと思いました。

来月もまた上級クエストオープンを目指したいと思いますが、ちょっと気持ちが離れつつあるところです。