蔵前散歩 漁見-YUJIAN- ユジェンは辛さの中に旨さを感じる本格中華料理店でした。老壇酸菜魚 読めますか?

蔵前に本格中華のお店があります。

お店の名は漁見。中国の広東省に6店舗を展開する人気の本格中国料理店で、今後も店舗数が増えていく計画があるそうです。

一口に中華料理といっても色々とありますが、こちらは花椒(ホァジャオ)をふんだんに使用した四川料理のほか、広東料理や中国郷土料理等、中国全土の美味しい料理を提供しているお店です。横浜中華街の中華とは結構違う料理ですよ。

その漁見の日本支店が蔵前にあります。東京で本格的な中華料理が味わえるんです。

漁見は都営浅草線蔵前駅を少し浅草方面に向かってこちらの場所にあります。

中華料理大好き、辛いもの大好きな方はぜひ足を運んでください。

漁見のお料理

冷菜3種盛

おそらく日によって内容は変わるのだと思いますが、今回はこの3種(というか4種というか)でした。

左上のキュウリとクラゲの和え物。クラゲはかな~~り辛いです。

トマトが心休まる存在になりますよ。

漁見特製麻婆豆腐

見るからに辛そうです・・・よね。

はい、はっきいって辛いです。 はやりの花椒が効いていてシビレ好きにはたまりません。漁見で頼むべき料理その1だと思います。

豚ホルモン炒め

680円とお得なお値段にして、このようになかなか美しい盛り付け。周りは塩です。

これはさほど辛くなかったです。
で、この料理は頼んで正解でした。他の麻婆豆腐やじゃがいも麺が辛いので箸休めが必要なのです。

じゃがいも麺のスパイス炒め

このお料理は初めから「激辛」指定になっています。辛さは選べるのですが、やはりここは普通の辛さにしてもらうべきでしょう。

で、出てきたのはこれです。見た目はそこまで辛そうに感じないのですが、当たり前に辛いです。でもとてもおいしい。

じゃがいもの麺は初体験でしたが、もっちもっちな感じで不思議な触感。タピオカとまではいかないのですが、なんとなくそんな感じのモチモチ。じゃがいもの味は全くしませんね。

ゆっくりとかみしめながら食べましょう。何かとても辛い香辛料とか入っていますので、むせないように。

老壇酸菜魚(ラオタンサンツァイユ) 

漁見に来るお客さんの90%はこのサンツァイユをオーダーされるそうです。
ということでこちらも漁見で必ず頼むべき料理2です。

中華でありながら、和風でもあり、アクアパッツァのようでもあり。

さっぱりとした味付け、でいてやっぱり見ての通りと唐辛子満載、花椒もかなりきいていて辛いのです。 唐辛子と花椒の香りと酸味、シビれる辛さが堪能できます。

そして食べ終わったあとは麺を入れてラーメンに仕立てあげることもできます。

中華風茶碗蒸し

メニュー名、正確には忘れましたが、簡単に言えば茶碗蒸しです。

ですが、和風の茶碗蒸しとはずいぶん違いますね。

ぷりっぷりのエビとフワフワの卵をご堪能あれ。

最後に

漁見さんのWebサイトから店内の写真をお借りしました。

とてもきれいで素敵なお店です。

蔵前駅から近く便利な場所で本格的な中華料理をぜひ堪能してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。