勝手に鳴戸部屋の力士紹介。三段目櫻井が来場所につながる好成績。

鳴戸部屋には幕下上位の西10枚目に欧勝竜がいます。

2020年3月場所で元林から改称した欧勝竜は、今場所の成績次第で、十両昇進もありえたのですが、13日目終了時点で2勝4敗と負け越しが決まっています。

来場所番付は下がることになりますが、また頑張って関取を目指してほしいですね。

その欧勝竜と同期入門した櫻井という力士がいます。

2020年3月場所を西三段目67枚目で迎え、今日時点で5勝1敗と勝ち越しを決めています。

欧勝竜(元林)は近畿大学相撲部の出身で、学生相撲の優勝経験があることから名の知れた存在でしたが、櫻井も日本体育大学(日体大)で学生相撲を経験しており、鳴戸部屋への入門時にはニュースになっていますね。

櫻井のこれまでの成績は次の通り。2019/11月場所で2敗5休と一度躓きますが、勝ち越す時は5勝以上となかなか立派な成績を残しつづけています。

場所番付成績
2019/07序ノ口277勝(鳴戸部屋3人での優勝決定戦)
2019/09序二段156勝1敗
2019/11三段目530勝2敗5休
2020/01序二段35勝2敗
2020/03三段目675勝1敗(あと1番)

鳴戸部屋ファンとしての悩み:三島と櫻井の区別がつかない

“鳴戸6人衆”が新弟子検査を受験 鳴戸親方がフットワーク軽く原石を発掘

2019年5月7日 15時45分スポーツ報知の記事より

こちらの報知新聞さんの記事で紹介されている鳴戸6人衆。

この同期6人の中で、三島さんと櫻井さんの区別がつかなくなってしまうのです。

櫻井と三島

鳴戸部屋力士紹介より引用

こうして並べるとそこまでは似てないように見えないのですが、祝勝会で会ってみると、何度も間違えてしまうほど。雰囲気が似てるのでしょうか?

さいごに

新型コロナ対策で無観客で開催された2020年3月 大阪場所。

今場所鳴戸部屋の面々は、部屋頭の欧勝竜や丸勝らの負け越しが決まってしまったものの、櫻井や三島、安齋、欧翔山、川村など勝ち越しの力士も多いです。

鳴戸部屋の大阪場所祝賀会はは中止となってしまったようで、勝ち越した力士たちを称えることができませんが、今後も彼らの活躍を期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。